ぎっくりと紅茶
 先日血圧が急に下がって起きられなかったんですが、
昨日、ぎっくり腰になりまして踏んだり蹴ったりな年末。

しかし、仕事は休めないのでコルセットを装着したんですが
これが優秀なヤツでして、ちゃんとお仕事はできましたとさ。
ぎっくり腰は3回目なんですが、ゆっくり治します。

んで、今回は衣装・・・ではなくてウィッグです。
源三郎のウィッグを用意したんですが、色がどうにも気に入らないんだけど
あの微妙な色が探しても無いので、自力でどうにかすることにしました。

これが元のヤツ。ウィッグサイトさんの画像なのですが、
実際の色はこれよりもちょっと明るい感じ。


これを紅茶染めしてみようと思います。
DSC_0097.JPG
用意したのはどこにでも売ってる紅茶のティーバッグ20個。
まずこれを2.5リットルぐらいの水にぶち込んで鍋で煮出します。
ある程度煮出したらティーバッグを捨て、塩大さじ3杯ぐらいと酢を入れて
まぁ、塩と酢はすごい適当に突っ込んだわけですが、塩は定着用、
酢はテカリを無くす・・・とかなんとか聞いたような気がする。←雑な予備知識
一応、耐熱ウィッグだけどお湯パーマがかかっちゃうと直すのが面倒なので
手を入れて熱っ!ぐらいの温度まで冷まします。
DSC_0100.JPG
そしてウィッグをそぉい!とぶち込みます。
たまに( ゚д゚)ハッ!と気がついたときに攪拌&ひっくり返したりして24時間放置。
あ、忘れてた!ぐらいのときに取り出して濯いでみました。
DSC_0096.JPG
え・・・紅茶どこ行ってしもたん?ぐらいの色の落ちっぷりに少し切なくなりながら濯ぎ、
さらに柔軟材にどぼーんと漬けてまた半日ぐらい放置。
タオルドライしてドライヤーで乾かしてみました。
DSC_0105.JPG
ちょっとカメラ写りが良くないんですが下のほうの毛が実物に近いです。
ムラにもならずワントーン落ち着いた色とツヤになりました。
手触りもバッチリ元通りサラサラです。

色を変える効果は期待してなかったのでいいんですが、
ちょっと自然な落ち着いた感じにしたいときに紅茶染めは有効なようです。
私はこれで満足〜♪
紅茶の量をケチってはいけないので、紅茶を無駄にしやがって!とか
茶葉をこよなく愛する人にはお勧めできませんが
金髪とか、明るい茶髪のウィッグでちょっとテカリが気になるとか
明るすぎると感じたときは、材料も手軽だし今後もやろうかなと思います。

comments(2) | 衣装戦記 |
<< 師走とかまじか | TOP | はやいはやすぎる >>
Comment
>みかちゃん
ぎっくりは治りかけてるよ〜
ご心配ありまとー!

染色剤より匂いも無いし手軽だけど
染まる・・・まではいかないので本当にちょっとだけ
色を落ち着かせたいなーってときはお勧めですよん♪
Posted by: 霰 | 2012/12/15 2:36 AM
おおおー!すごい!!
紅茶と塩と酢、なるほど φ(・ω・ )
良い事聞けて嬉しいですv

ぎっくりお大事にね(´;ω;`)
早くよく治りますように!
Posted by: みか | 2012/12/09 12:00 PM








RSS1.0 : Atom0.3 頁頭へ
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.